【要介護3とは?】要介護4との違い、入居可能な介護施設、ケアプラン例を解説|北海道札幌市周辺の介護施設を探すなら「介護コネクト」

【要介護3とは?】要介護4との違い、入居可能な介護施設、ケアプラン例を解説

ケアリエコラム>介護制度関連

要介護3は、7区分に分かれている要介護認定区分のうち、3番目に重い状態です。厚生労働省によると「要介護認定等基準時間が70分以上90分未満」とされています。

 

要介護3は、要介護2よりも認知機能や身体機能が低下している状態で、自立した排泄や口腔ケア、更衣を行うことが難しく、日常生活での介助を要します。

 

この記事では、要介護3の方の状態を説明します。また、より重い状態の要介護4との違いに触れたうえで、要介護3の方が利用できる介護保険サービスを紹介します。

 

”ざっくり”この記事でわかること

・要介護3・要介護4の違い

・要介護3の方のケアプラン例

・要介護3の方が入居できる介護施設

 

-目次-

1.要介護3とは

2.要介護3と要介護4の違い

3.要介護3の方が利用できる介護サービス

4.要介護3の方のケアプラン例

5.要介護3の方が入居可能な介護施設

 5-1.介護付き有料老人ホーム

 5-2.住宅型有料老人ホーム

 5-3.グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

 5-4.サービス付き高齢者向け住宅

 5-5.その他の施設

6.よくある質問

 6-1.自宅での生活は可能?

 6-2.介護サービスを利用するにはどうしたらいい?

  1)居宅サービスの場合

  2)施設サービスの場合

7.まとめ

 

 -参考文献

要介護3とは

要介護3は、身体・認知機能が低下しており、人によっては自力での歩行が難しく、杖・歩行器、車いすなどの福祉用具を利用しなければならない状態です。

 

また、寝返り、排尿、排便、口腔清潔、上衣の着脱、ズボン等の着脱が難しく、日常生活上の介助がなければ生活をすることが困難です。

 

 

ALD

(食事・排泄・入浴など)

IALD

(服薬・調理・金銭管理・買い物など)

要介護3

介助が必要

介助が必要

 

要介護4との違い

要介護4は、要介護3よりも自立した生活を送ることが難しく、ほぼ全面的な介助を必要とします。

 

自力での立位や歩行、座位の保持が難しく、歩行器や車いすを欠かすことができません。また、入浴、排泄、更衣など多くの場面で介助を必要とします。

 

身体機能だけでなく認知機能の低下が懸念され、人によっては記憶障害、見当識障害、実行機能障害が出て、日常生活に支障が出ることがあります。

要介護3の方が利用できる介護サービス

要介護3は「介護サービス」を利用することができます。介護を必要とする方の生活上のサポートをする位置づけで、要介護者が介護サービスを受けながら自分らしい生活を送ることを狙いとしています。

 

なお、介護保険サービスを利用するには、無料で作成できるケアプランが必要となります。

要介護3の方のケアプラン例

以下は、自宅で生活する要介護3の方の代表的なケアプラン例です。

 

<要介護3:利用者の自己負担割合が1割の場合>

サービス名

頻度

自己負担額

訪問介護

月8回

2,584円

通所リハビリテーション

1ヶ月

9,237円

通所介護

月8回

7,688円

短期入所生活介護

月4回

3,804円

福祉用具貸与

1ヶ月

1,666円

合計 

24,979円

参考:「介護サービス概算料金の試算」厚生労働省

 

要介護2の方の居宅サービスの利用限度額は276,160円、自己負担額は27,616円です。(札幌市、1割の場合。一定以上の所得がある場合は2割または3割)

 

限度額を超えてサービスを利用した場合、超過した分の費用については、利用者が全額を自己負担しなければなりません。

要介護3の方が入居可能な介護施設

要介護3の方が入居可能な介護施設は主に以下の4種類です。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護のサービスが付いた高齢者向けの居住施設で、要介護3の方も入居が可能です。

 

入居者には、食事、入浴、排泄の介助や、生活上の身の回りの世話などのサービスが提供されます。認知症を抱えていても入居可能です。

 

要介護3の方は、心身の状況に合わせて日常生活上の介護サービスを受けられます。歩行や排泄、就寝中の寝返り、口腔ケア、更衣などで、全部または一部の介助を受けます。

 

 

 

 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、主に自立した高齢者や、軽度の要介護区分に判定された方向けの施設ですが、要介護3の方も入居可能な施設が幾つかあります。

 

住宅型有料老人ホームに入居する要介護3の方が介護サービス(訪問介護、通所介護など)を利用する場合には、まず担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談してケアプランを作り、その後、外部の介護サービス提供事業所と契約して利用します。

 

 

 

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

グループホームは、認知症に罹患して要介護状態にある方が入居する施設です。要介護3の方も入居することができます。

 

施設では家庭的な雰囲気のなか、少人数で共同生活を送り、自分らしく生活することを目指します。

 

要介護3の方は、歩行や排泄などの場面で介護職員による介助を受け、自分のできること(例:食器の準備、洗濯物たたみなど)をやり、場合によっては他の利用者と関わりを持ちながら日々を過ごします。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、次のような機能・特徴があります。

 

・高齢者が住みやすい住環境(バリアフリー、手すりの設置など)

・安否確認や生活相談のサービスの提供がある

 

入居要件は事業所や施設によって異なりますが、要介護3の方も入居できる施設があります。

 

介護サービスを利用する場合は、同住宅を運営する事業者の介護サービスか、別の介護サービス事業者によるサービスのどちらか選択します。施設によって対応可否が異なるので、事前に説明を受けて希望するサービスの有無を確認しましょう。

 

 

 

 


その他の施設

その他、要介護3の方が入居できる介護保険施設は次のとおりです。

 

・特別養護老人ホーム

・介護老人保健施設

・介護医療院

 

詳細はこちらのコラムをご覧ください。

 

 

よくある質問

要介護3に関するよくある質問は以下のとおりです。

自宅での生活は可能?

同居する家族からの介助を受けながら、介護保険サービスを利用すれば自宅での生活は可能です。

 

しかし、自宅での生活が長引けば「介護疲れ」によって、本人と家族が共倒れになるリスクがあります。このような事態に陥る前に、施設への入居を検討することをお勧めします。

介護サービスを利用するにはどうしたらいい?

要介護3の方が介護サービスを利用する場合、自宅でサービスを受けるのか、施設に入居してサービスを受けるのかによって、順序が異なります。次のとおりです。

居宅サービスの場合

まず、居宅介護支援事業所へ相談してケアマネジャーと面談します。その後、ニーズに即したケアプランが作成され、利用者はそれに基づいて介護サービスを利用します。

施設サービスの場合

介護施設へ連絡し、入居希望である旨を伝えて、施設見学を行います。その後、入居申し込みを行い、審査面談を通して入居可否が決定されます。

 

施設へ入居する場合、どうしても申し込みから入居するまでに時間がかかるため、同時に複数の施設に申し込んでおき、空きが出た段階で入居する段取りが良いです。

まとめ

要介護3の方は自宅での生活をすることができるものの、同居する介護者(主に家族)には身体的、精神的な負担が伴います。今後、要介護状態が重度化することに備えて、施設への入居を検討した方が良いでしょう。

 

施設へ入居すれば経済的な負担が伴うものの、本人も安心した生活を送ることができるだけでなく、家族の身体的・精神的負担は軽減されるでしょう。


施設探し・介護のご相談は介護コネクトにお任せください-

 

お電話からのご相談はこちら/

WEBからのご相談はこちら/



この記事の関連記事

施設見学レポート② 「介護付き有料老人ホーム カルナシア菊水」様

    皆様こんにちは、あなたのケアリエ和田でございます…

    皆様こんにちは、あなたのケアリエ和田でございます…

施設見学レポート③ 「サービス付き高齢者向け住宅 アリシア34」様

  皆様、こんにちはあなたのケアリエ和田でございます。 …

  皆様、こんにちはあなたのケアリエ和田でございます。 …

【札幌市の高齢者支援】介護保険サービス以外に札幌市が行っている12の支援

札幌市は、高齢者が安心して生活を送れるよう、介護保険サービス…

札幌市は、高齢者が安心して生活を送れるよう、介護保険サービス…

【要介護5とは?】自宅介護は可能?入居可能な介護施設、ケアプラン例を解説

要介護5は7区分に分かれている要介護認定区分のうち、最も重い…

要介護5は7区分に分かれている要介護認定区分のうち、最も重い…

【要介護4とは?】要介護5との違い、入居可能な介護施設、ケアプラン例を解説

要介護4は、7区分に分かれている要介護認定区分のうち、上から…

要介護4は、7区分に分かれている要介護認定区分のうち、上から…

【自動車運転免許証を返納するタイミング】4つの具体例と返納後も活用できる地域のサポートを解説

日本の高齢化が進む中で、多くの高齢者が運転を続けています。 …

日本の高齢化が進む中で、多くの高齢者が運転を続けています。 …

【札幌市の認知症支援】3つの支援と認知症高齢者が入居可能な施設を解説

札幌市は、認知症の高齢者やそのご家族などが安心して生活を送れ…

札幌市は、認知症の高齢者やそのご家族などが安心して生活を送れ…

【老後の一人暮らし】満足度や不安、一人暮らしを楽しむポイントを解説

近年、老後の一人暮らしの世帯数が増加傾向にあります。 これ…

近年、老後の一人暮らしの世帯数が増加傾向にあります。 これ…

北海道限定介護コネクトの電話番号 お問い合わせ