【高齢者とペット】<br />高齢者がペットを飼うメリットとリスク|北海道札幌市周辺の介護施設を探すなら「介護コネクト」

【高齢者とペット】
高齢者がペットを飼うメリットとリスク

ケアリエコラム>高齢者の病気/生活

高齢期になると心身機能が低下するとともに、家族的・社会的役割を喪失し、自信を失ったり、社会的交流が減ったりすることが指摘されています。

これらの様々な「喪失体験」は、より一層のADL(日常生活動作)の低下だけでなく、認知症の進行を招くことが懸念されています。

 

そんななか、心身の健康維持に良い影響をもたらすものの1つとして、近年注目を集めているのが、犬・猫をはじめとしたペットです。

 

この記事では、高齢者がペットを飼うメリットを紹介する一方で、ペットの面倒を見られなくなるなどのリスクとその対策法について解説します。

 

ペットと入居できる介護施設はこちら

 

 

-目次-

1.ペットが高齢者におすすめの理由

 1-1.刺激を与えてくれる存在

 1-2.運動量が増える

 1-3.孤独感の解消

 1-4.社会的交流の促進

2.高齢者がペットを飼うことのリスク

 2-1.ペットと一緒に入居できる介護施設

 2-2.ペットを引き取るサービス

3.まとめ

-参考文献

ペットが高齢者におすすめの理由

 

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所は、犬を飼っている高齢者は、飼ったことがない高齢者に比べ、介護が必要になったり、亡くなったりするリスクが軽減すると発表しました。

 

この研究結果によって、ペットが高齢者の心身機能の維持・回復に好影響を与えていることが、科学的なデータで裏付けられました。

 

では一体、ペットは高齢者に対してどのような影響を与えるというのでしょうか。以下、具体的に見ていきましょう。

刺激を与えてくれる存在

ペットは飼い主にさまざまな刺激を与えてくれる存在です。具体的には次のような内容です。

 

ペットの行動

飼い主への刺激・影響

ご飯・おやつを食べたくて、飼い主にアピールする。

ご飯やおやつを、いつ・どの程度与えるのか考える。また、そのタイミングを覚えて行動する。

撫でてほしくて、飼い主の近くに行く。

ペットの表情を見て、何を考えているのか、その気持ちを窺おうとする。

愛情を示すため、飼い主の顔や手指を舐める。

ペットの可愛らしさを見て愛情を感じ、心が穏やかになる。

散歩に行くことを求めて、鳴き声や態度でアピールする。

ペットの求めに応じて散歩へ連れ出し、運動量が増える(後述)。

 

上記のとおり、ペットとの間で行われるやり取りが、飼い主に良い刺激を与えるといえるでしょう。

運動量が増える

ペット(特に犬)は散歩に行くことを嬉しがります。室内または自宅外で繋がれた状態で過ごすよりも、自由に動き回ることのできる外の世界を散歩したがるのです。

 

飼い主がそれに応じて週に何度かペットと散歩に行くことになれば、外出の機会を得て、運動量が増えます。

 

室内で飼っている場合でも、ペットにご飯をあげるため立ち上がってお皿に盛ってあげたり、お水を準備したり、トイレ掃除をしたり、屋内で何もしないよりも運動量が増えます。

 

高齢期における適度な運動は、身体機能の維持に役立つだけでなく、認知症予防にも期待ができます。

孤独感の解消

ペットは飼い主の抱える孤独感を解消してくれる存在です。飼い主は、ペットの名前を呼んでその反応を見たり、何気ない時にじゃれ合ったりして、コミュニケーションを取っています。

 

ペットを飼うことは、コミュニケーション相手ができるということであり、孤独感の解消につながるといえます。特に一人暮らしの高齢者にとって効果的であるといえるでしょう。

 

社会的交流の促進

ペットを飼っていると、飼い主は外出の目的を得て、それにともなって社会的交流をすることができます。散歩では季節の移ろいを感じられ、他の飼い主とコミュニケーションを取る機会が増えます。

 

また、ペット用品を買いに出かけた際には、店員や他のお客とコミュニケーションを取ります。ペットを飼っていることが、結果として社会的交流を促進するといえます。

高齢者がペットを飼うことのリスクとその対策方法

高齢者がペットを飼うことにおいて、大きく2つのリスクがあります。

 

・介護施設へ入居する際、ペットとともに入居できない。

・もし万が一のとき、誰がペットの面倒を見るのか。

 

このような懸念材料があることで、高齢者のなかには「ペットを飼わない」「ペットは飼えない」と諦めている方もおられるでしょう。

 

以下、これらのリスクを軽減する方法を紹介します。

ペットと一緒に入居できる介護施設

老後を迎えて施設へ入所する際にも、家族の一員であるペットも一緒に入居したいというニーズは少なくないでしょう。

最近では、数こそ多くはありませんが、有料老人ホームを中心にペットと一緒に入居できる介護施設などが増えてきました。

 

ペットと一緒に入居できたとしても、飼い主としては「私に万が一のことがあったら、ペットの世話をどうしたら良いのか」という不安があります。このような不安を解消できるように、次項で紹介するサービスを活用いたします。

 

ペットと入居できる介護施設はこちら

ペットを引き取るサービス

飼い主が最期を迎えたあと、あらかじめ交わしておいた契約に基づいて、企業やNPO法人が仲介し、ペットの引き取り手を探してくれるペット信託のサービスが登場しています。

 

このサービスを利用する際には、(業者やNPO法人の定めたルールによりますが)事前に一定の費用を信託銀行や、信託会社に預けておく必要があります。

 

もし飼い主に身寄りがなく、亡きあとにペットの面倒を見てくれる適当な人がいなければ、このようなサービスを利用して、ペットが路頭に迷わないようにしてあげると安心です。

 

またペット自体が高齢になった場合に利用したい、老犬・老猫ホームに関しても合わせて情報収集しておくと良いでしょう。

 

まとめ

ペットは高齢者の心身機能の維持・回復に良い影響を与える存在であることがわかりました。また、ペットを飼うことが、健康寿命の延長や認知症の予防につながることも期待できます。

 

ただし、飼い主自身が高齢化・要介護状態になるリスクに備えなければなりません。また、ペットの高齢化にも注意が必要です。一般的に、飼い猫や飼い犬の寿命は概ね10~15年と言われていますので、この記事で紹介したペット信託のサービスを利用したいです。

 

飼い主が責任をもって、最後まで面倒を見ることができるか、よく考えて判断することが重要です。

 

 

施設探し・介護のご相談は介護コネクトにお任せください-

 

お電話からのご相談はこちら/

WEBからのご相談はこちら/

 

この記事の関連記事

【介護予防センターはどんな場所?】 3つの役割と介護予防教室の実施例を紹介

介護予防センターは、地域に住む高齢者が健康なうちから介護予防…

介護予防センターは、地域に住む高齢者が健康なうちから介護予防…

【日常生活自立支援事業とは?】サービスの内容と流れを解説

認知症高齢者の暮らしのなかには、様々な不安や疑問があるのはも…

認知症高齢者の暮らしのなかには、様々な不安や疑問があるのはも…

【認知症予防になる食べ物】 今日の食事が20年後の身体をつくる!

近年、認知症患者数は増加傾向にあり2025年には700万人、…

近年、認知症患者数は増加傾向にあり2025年には700万人、…

意外と知らない「相続手続き」

相続とは、人が亡くなった瞬間に発生します。 相続手続きと聞…

相続とは、人が亡くなった瞬間に発生します。 相続手続きと聞…

【高齢者の口の健康】 口の健康を保って認知症を予防しよう!

人生100年時代を迎え、健康寿命を延ばすことがますます重要に…

人生100年時代を迎え、健康寿命を延ばすことがますます重要に…

【社会福祉協議会とは】 高齢者や介護に関して相談できる内容を解説

社会福祉協議会(以下、社協)は、地域における社会福祉活動を推…

社会福祉協議会(以下、社協)は、地域における社会福祉活動を推…

【軽度認知障害(MCI)とは?】早期発見で認知症リスクを減らそう

厚生労働省の示す「認知症施策の総合的な推進について(参考資料…

厚生労働省の示す「認知症施策の総合的な推進について(参考資料…

【ロコモとは?】チェック方法や予防法について解説

近年、高齢者の健康寿命を延ばすために注目されているのが「…

近年、高齢者の健康寿命を延ばすために注目されているのが「…

北海道限定介護コネクトの電話番号 お問い合わせ